滋賀観光

滋賀観光

  •  
  •  
  •  

滋賀観光 > 滋賀観光

石山寺(大津市)

石山寺は、滋賀県大津市にある真言宗のお寺で、「源氏物語」を書いた紫式部は、このお寺に参籠したときに、物語の着想を得たといわれています。

琵琶湖南岸に注いでいる瀬田川のたもとの高台に位置していて、近江八景「石山の秋月」にも定められる景勝の地であるとともに、西国三十三所観音霊場の第13番札所としても、古くから篤く信仰されているところです。

この石山寺は、奈良時代の天平19年(747年)、聖武天皇の勅願により創建されたもので、奈良大仏で有名な東大寺の初代別当でもある高僧の良弁が開基とされています。御本尊の如意輪観音は、聖徳太子の念持仏であったといい、この地を訪れた良弁が大きな岩山の上に仏像を置いて祈りを捧げたところ、陸奥国から国内ではじめて黄金が産出されて朝廷に献上されたため、聖武天皇が鎮護国家の大事業としていた奈良の大仏の建立が成功したといわれています。その如意輪観音は、なぜか岩山の上から離れなくなってしまったため、やむをえずこの仏像を覆うための堂宇を建てたというのが、石山寺のはじまりにまつわる伝説です。

寺名の由来になった大きな岩山は、現在では国の天然記念物に指定されており、その上にある本堂も、平安時代に再建された滋賀県下最古の建築物として、国宝に指定されています。境内にある多宝塔も、均衡のとれた美しいフォルムのもので、建久5年(1194年)に鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝が寄進したものとされており、こちらも国宝に指定され、郵便切手のデザインにも採用されたことがあります。

境内の建築物だけではなく、寺宝として伝わっている史記や漢書、延暦交代式などの写本も国宝に指定され、そのほかにも数々の寺宝を抱えていますので、このお寺を訪れた際には、境内のもっとも高い場所に位置している宝物殿で、その一部を拝観することができます。宝物殿では毎年定期的に「石山寺と紫式部」と銘打った企画展を開催しており、屏風絵や絵巻物などの貴重な展示物が見られますので、そうした機会をねらって訪れてみるのもよいでしょう。

境内の月見亭から見る春の桜、「源氏の苑」に咲く初夏のアジサイ、瀬田川沿いの紅葉など、四季を感じさせる豊かな自然もこのお寺の魅力であり、観光客も多く訪れているところです。境内ばかりではなく、瀬田川の水面ごしに、高台にある花咲く石山寺を眺めるのも風情があるものですが、琵琶湖と近江八景をめぐる観光クルーズの船も、このお寺の直下の船着場から出航しています。

 

Copyright 滋賀観光 All Rights Reserved.